Author Archive

猛暑で体が硬くなっている!

カテゴリー/ その他 |投稿者/ リバーサイド治療室
2022年09月23日

此のところ、体が硬くなった患者さんが際立って目立ちます。猛暑だったこの夏、冷たいものの摂り過ぎは体を中から冷やしますし、日常的な冷房使用は必要以上に体を冷やします。足先からのジンジンと来る冷えは誰もが経験するところです。

季節の変化で外気は涼しくなり厚着をし始めても、芯が冷え硬直した筋肉は直ぐには対応出来ず硬いままで、体を動かすと痛い、特に起床時に動きずらく無理に動かそうとすると激痛に襲われたりします。

状態にもよりますが、大体1~数回の施術で何とか普通に動けるようになります。後は施した鍼刺激によって徐々に体が練れて来ます。

何度も言うようですが、個人差があり鍼の刺激は強すぎるという方も中にはいらっしゃいます。そんな方の施術も何度もやって来ましたが、手技だけでも充分に改善します。選択肢は多いほうが有難くはありますが・・。

 

 

夏の冷え、寝違え、ギックリ腰

カテゴリー/ その他 |投稿者/ リバーサイド治療室
2022年09月03日

今年の夏のような異常気象は、それでなくても体は緊張(ストレス)を強いられますが、その暑さの為クーラーを多用しますし、更に冷たいものを摂り中から体を冷やします。外気が暑い内はまだしも、過ごしやすい季節になってくると体の中の冷えだけが取り残されるからでしょうか、秋口にかかる今は明らかに体の芯が硬くなっていらっしゃる方が目立ちます。こうした状態だと不意の動作時に寝違えやギックリ腰のリスクが一段と高まるようです。実際この時期そうした患者さんが増えます。

ほとんどの場合筋拘縮による立て付け(骨格)の問題なので、関節に関わる筋肉をバランス良く調整することで一回あるいは数回の施術で回復します。                        厄介なのは、発症時に「ピキッ」と来た後に「ジワー」っと温かい感じがあった時!        内出血を起こしている可能性があり、治すのにある程度の時間が掛かります。この場合、消炎剤の使用を考えて頂き、当室の治療としては患部から遠い処から緊張を緩めて行きます。

 

 

夏バテ・寝違え・ぎっくり腰

カテゴリー/ その他 |投稿者/ リバーサイド治療室
2022年08月18日

異常に暑い夏でした。クーラー、冷たいものの取りすぎ等、体は冷えきっているので筋肉が硬くなって関節の動きも硬くなり、体がだるくなるとか「寝違え」とか「ぎっくり腰」が起こりやすくなっています。不意な動きは危険です。ギクッと来てひどい場合は動けなくなってしまいます。

当室では、関節に関わる緊張した筋肉繊維をバランス良く緩めながら動ける範囲を拡げ、通常の動きを取り戻し、痛さ・だるさを改善します。

 

 

症状の因果関係

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ リバーサイド治療室
2022年07月26日

結果があるからには必ず原因があります。運動機能障害の中でも、筋肉の拘縮による関節の不具合(実際にはこうした症例がほとんどです)の場合は、体を見たり動きを見れば大体のことはわかりますが、症状の因果関係がピタッと一致した時は「見えた!」と思える瞬間です。治すから「治療室」!当室は治すことに拘っています。

 

 

骨格は体を支える箱

カテゴリー/ その他 |投稿者/ リバーサイド治療室
2022年07月09日

骨格は、内臓を収納し体を支える箱のようなもの。

この箱がひしゃげてしまうと、神経や血管等の所謂「配線」が影響を受け痛みや痺れを誘発し酷い場合は動けなくなってしまいますし、内臓そのものにも影響が及びます。

人体は元々左右対称ではありませんから、重力の影響を受け続ける中で骨格変形のリスクは常に内在しており、とりわけ加齢や運動不足はこれに拍車をかけます。

バランスの悪い状態が固定してしまうともはや自身の力で元の状態を取り戻すのが非常に困難になってしまいます。

当室では、骨格を支える筋肉や腱のバランスを鍼によって元の状態に戻して行く事で、痛みを取り体を取り戻すお手伝いをします。

私自身も1日1時間の歩行や日常的になるべく動くということは日々実行していますが、加齢により体が硬くなっているなと感じていて、当室に出入りする若い人に鍼を打ってもらっています。いつまでも元気に動き回っていたいですから・・・。

 

 

暑(熱)い!体がつらい!物価が高い!

カテゴリー/ フリースペース |投稿者/ リバーサイド治療室
2022年07月02日

暑い!とにかく暑い!命の危険を感じる暑さです。気温が体温より高いのですから堪りません!しかも世の中、不条理な出来事の連続!それに追い打ちをかけるような物価の高騰!ニュースを聞いているだけでも気が滅入ってしまいます。ちょっとした工夫、例えば無理にでも笑顔を作ってみれば少しなりとも気持ちも明るくなりますし、体にもいい影響がありますよ。

 

 

体壁内臓反射 内臓体壁反射

カテゴリー/ その他 |投稿者/ リバーサイド治療室
2019年01月17日

内臓の状態は体の表面に反映するし、                                  体の表面への刺激は内臓に反映するということです。

ですから鍼灸は、骨格調整のみならず、どんな風にも治療を組み立てられます。

 

 

脱力

カテゴリー/ その他 |投稿者/ リバーサイド治療室
2019年01月08日

凝りの強いのは、緊張タイプの方に多い様な気がします。筋肉のパフォーマンスは、脱力している時と緊張した時の落差が大きいほどアップします。脱力と緊張のメリハリがなく、いつも緊張した状態でいると、筋肉は硬直してきて、脱力しようにも出来なくなってしまいます。意識的に力を抜く練習をし、脱力を体感することは思った以上に難しいけれど、それが出来るようになれば多大な恩恵が得られます。

 

 

治す、活かす、体に任せる

カテゴリー/ その他 |投稿者/ リバーサイド治療室
2018年12月25日

私の仕事は、第一にまず患者様の辛い症状を改善することです。

からだの辛さがなくなり自由に動くようになれば身体は活性化します。

活性化すれば、からだは自然に環境に順応し、調整機能を発揮します。

人のからだは強いようで弱い。弱いようで強い。

その「強い」時と言うのは、調整機能が発揮されている時だと思います。

全てはそこから始まるのではないでしょうか?

 

 

ストレスは冷え!

カテゴリー/ その他 |投稿者/ リバーサイド治療室
2018年12月14日

ストレス状態にある体は緊張し、戦闘態勢になります。軍事(筋肉)が優先され、内政(内臓機能)は後回しになります。そうした緊張状態が持続することで、脱力へのスイッチ切り替えが出来なくなるところが問題です。

 

 
Top